Promotion Video

 

とりあえず、「Harvest of seven years」以降のプロモーションビデオがこちらになります。ワーナーさ〜ん、早く出しておくれよ〜。

Constant Craving (1992)

いろんなビデオが出ていますが、これは有名。でも、よく考えてみると、どうしてああいう劇場が舞台になったんでしょうね? 車窓から物憂げに歌うkdが印象的です。

The mind of love (1993)

この曲のビデオには、2バージョンあります。一つは鏡編、もう一つはテーブル編です。

Hush sweet lover (1993?)

このビデオにやられちゃった人、けっこう多いみたいですね。。。その対局にある、"Miss"は省略させてもらいました。

Just Keep Me Movin (1993)

このビデオもまた、2バージョンあります。kdが、映画「Even Cowgirl get the blues」でヒロインを演じたユマ・サーマンをバイクに乗せて(鼻の下を伸ばして)走るんですが、ヘルメットをかぶらないと許可にならない国向けに、メットありとメットなしを作ったようです。ユマ・サーマンを乗せるという発案はkdがしたようです。インタビューで言ってました。

If I were you (1995)

このビデオは、けっこうカッコイイんですけど、ゴキブリが出てきたり、トイレの便器に座って用を足し終わった・・っていうシーンがあったりで、賛否両論かもしれません。自分は「アーティストだ!」って感じを出したビデオです。最近はね・・ググ。

Sexuality (1995)

これはね、かなりイケテます。ちょっと病的なイメージ。ちょっと、ミステリアスなエッチさ加減もよいです。

You are OK (1995)

これのビデオにはあえて、バツをつけるよ、わたしは。なぜなら、フジヤマ・ゲイシャしか知らない外人を演じているから。素もーレスラーの格好して、最後は芸者で終わります。

Summerfling (2000)

まあ、久々なんで、いいとか悪いとか、言葉は控えたいのだが。。。セーラ(kdの飼っている犬)と遊ぶところが一番好印象です。