Red hot and blue

 

90年に発売されたエイズへのチャリティアルバムで、kdもU2やアニー・レノックスなどとともに参加しています。曲は、泣かせる"So In Love"。でも、この曲はハーベスト・オブ・セブン・イヤーズでビジュアル付きで聞く方が、もっとジワッと来ます。病院にいる恋人の女性の洗濯物を洗って、スリップをハンガーにかけて顔を埋めるところなど、涙ものです。ついでに言えば、このビデオの監督を「バクダット・カフェ」で知られるパーシー・アドロンがつとめ、彼がkdのキャラクターにインスピレーションを感じて脚本を書いた作品が、kd主演の映画「サーモンベリーズ」です。